貸切マイクロバスはコロナ禍の移動におすすめ!安心・安全対策について

マイクロバスの新型コロナウイルス対策について「バステクin首都圏2020」より
貸切マイクロバスの新型コロナウイルス感染症対策について詳しく解説

新型コロナウイルスの予防接種がスタートしていますが、まだしばらくは感染拡大予防策に気が抜けません。2021年4月5日からは宮城・大阪・兵庫に、12日からは東京23区と6市、京都、沖縄に「まん延防止等重点措置」が取られています。

公共の交通手段は心配という方は、ぜひ貸切マイクロバスをご利用ください。以下、各バス会社が取り組んでいる新型コロナウイルス感染症対策についてご紹介します。

マイクロバスそのものに備わっている換気能力は、新幹線と同等です

新幹線は窓が開かない

新幹線はご存じの通り、窓が開かない構造。車内で飲食等を行っても臭いが充満しないよう、約6~8分で入れ替わるようしっかり設計されています。

マイクロバスは窓が開閉できる構造になっている上、バスにもともと備わっている「外気導入モード」でエアコンを使用すると、約6~7分で入れ替わることが実証されています。以下、各メーカーが公開している換気能力テストの動画をご覧ください。

三菱ふそう・ローザ(停車状態)

三菱ふそう・ローザ(低速走行時)

三菱ふそうが行った「ローザ」のテストでは、換気扇なしタイプのマイクロバスで約6~7分、換気扇ありなら約3分でバス車内の空気が入れ替わるという結果が得られています。もちろん、日野自動車「リエッセⅡ(トヨタ自動車・コースターのOEM)」でも同等の換気能力がありますので安心してご利用ください。

≫三菱ふそう観光バスの新型コロナウイルス新生活様式への対応

各バス会社で取り組んでいる新型コロナウイルス感染症対策の例

各バス会社が取り組むコロナ対策の例
バステクin首都圏2020より

各バス会社で講じている新型コロナウイルス感染症拡大予防策について、バス車両編と乗務員編に分けてご紹介していきます。

マイクロバス車両の新型コロナウイルス感染症対策

バス車内の清掃と消毒を徹底
  • エアコンを「外気導入モード」で使用し、適宜窓を開けて換気
  • ドアノブや手すり、いすなど共有設備はこまめに清掃、消毒
  • 運転席の後ろの座席はできるだけ使用せずに空ける
  • 運転に支障がなければ、運転席と後部座席との間にビニールシートやアクリル板の仕切を設ける
運転席と後部座席の間に仕切を設ける

運行前・運行後の清掃に加え、車内の消毒を徹底。バス会社によっては、オゾン発生器による殺菌・脱臭を行う、抗菌・抗ウイルスコーティングを施行するなど工夫をしています。

マイクロバス乗務員の新型コロナウイルス感染症対策

アビコ西武観光のコロナ対策
(画像提供:アビコ西武観光)

各事業所ごとに健康管理を徹底。朝夕の検温、手洗い・うがい・手指の消毒を適宜行っています。

  • 発熱やせき等の症状がある場合は自宅待機
  • 点呼時は距離を保つ、もしくは仕切を設ける
  • 事務所内でもマスク着用の上、座席配列は2mを目安に距離を保つ、もしくは仕切などを設ける
  • お客様とのソーシャルディスタンスの確保
  • 乗務時のマスク着用
  • 休憩・待機時はドアと窓を開けて換気、共有部分の消毒などを実施

お客様とのお金や書類のやり取りや荷物の上げ下ろしは手袋を着用するなど、直接の接触を避けるように工夫しています。

日本バス協会では、新型コロナウイルス感染予防について各バス会社が取り組んでいる対策について詳しく紹介しています。ぜひ、そちらも参考になさってください。

マイクロバスをご利用の際、お客様にご協力いただきたいこと

マイクロバス会社でも新型コロナウイルス感染症対策を徹底しています。ご利用いただくお客様にもぜひご協力いただきたいことがあります。以下、まとめました。

  • 乗車中のマスク着用
  • 出発時、休憩後には手指の消毒
  • 座席に余裕がある場合は後部座席を利用
  • 車内で出たゴミの持ち帰り
  • 車内での飲酒や大声での会話を控える
  • カラオケの使用は原則禁止
  • バス利用予定のメンバーで発熱や咳など少しでも体調不良を感じたら参加を取りやめる

座席の使用は通常通りご使用いただいても構いません。心配な場合は、隣を一席空けるなど適宜対応ください。

バスでの旅や移動をより快適に、安全に、各バス会社とも一生懸命取り組んでいます。新型コロナウイルス感染予防にはお客様のご理解、ご協力をよろしくお願いします。

≫旅行連絡会がまとめた新しい旅のエチケット

海外からの帰国者・来日者を待機場所に移動させる場合

入国者は移動手段として貸切バスは利用できない

海外からの留学生や技能実習生を受け入れする場合、検疫所長が指定する場所(自宅等)で14日間の待機が必要です。移動手段として公共交通機関を利用することはできません。

貸切マイクロバスに関しても公共の交通機関になりますので「マイクロバス牧場」から見積りを依頼されても、お引き受けできませんのでご了承ください。

ご自身で移動手段(自家用車)を手配できない場合は、厚生労働省のホームページで紹介されている指定の貸切タクシー(ハイヤー)会社や貸切バスを手配できる旅行会社へ直接お問合せください。

■取材協力
アルモニア
アビコ西武観光

全国200社以上のバス会社から
希望に合うバス会社をご紹介!

運転手付きマイクロバス 無料一括見積り