レンタルマイクロバスについて

マイクロバスをレンタルする場合は、バス会社にお願いするのが一般的。安全面からも運転手付で手配するのがおススメです。

マイクロバスのレンタルは、バス会社から運転手付きで手配できます。バスだけかりたい場合はレンタカー会社に直接お問合せください。

ちなみに運転手付きで借りた場合の費用とバスだけ借りた場合の料金を比較してみると、その差額は1万円以下のことが多く、さほど差がありません。迷っている場合は、まず、運転手付きでバス会社に見積りをお願いしてみましょう。

全国200社以上のバス会社から、希望に合うバス会社を紹介。今すぐ問い合わせを!最短1分で終了!見積りスタート

最短1分で終了!見積りスタート

※バスのみレンタルの注意点

  • ●運転手なしで貸切りできるバスの大きさはマイクロバスまで。大型バスや中型バスはレンタルできません。
  • ●レンタルマイクロバスを運転するには、中型免許限定解除もしくは大型自動車免許が必要です。普通自動車免許では運転できないので、注意してください。

運転手あり・なしではどちらが安い?貸切マイクロバスの料金比較

各レンタカー会社でレンタルできるマイクロバスの種類と代金を事務局で調べてみました。

マイクロバスレンタカーの利用料金は、大手4社平均で12時間まで41,000~51,000円、24時間まで47,000~58,000円ぐらいが相場でした。マイクロバスのみレンタルの場合、ガソリン代、自動車保険代の他、高速道路・有料道路代、バス駐車場代などの実費用は別になりますので、プラス10,000円は見ておいた方がいいでしょう。

レンタカー会社で取り扱っているマイクロバスの車種は、トヨタのコースター、日産のシビリアン、三菱ふそうのローザで運転席、補助席含めて29人乗りです(運転手付きで借りる場合の乗車人数は最大で26人まで)。

ちなみに運転手付きで貸切った場合ですが、1日35,000円から(平日8時間程度走行した場合の概算)。ハイシーズンで50,000~60,000円程度です。この料金には、実費用のうち駐車場代や高速代を除き、ガソリン代、車両保険代は含まれていますので、マイクロバスのみのレンタルとほとんど変わらないどころか、むしろ安いかもしれません!ぜひ、参考になさってください。

むしろ高くつく?!運転手なし

大型バスや中型バスなどの観光バスは運転手なしでレンタルできる?

バスツアーなどでよく利用されている観光バス。利用人数に合わせて大型バス、中型バス、小型バスの3種類があります。しかし、運転手なしでレンタルできるバスの種類・大きさは小型バスとマイクロバスのみ。小型バスをレンタルできるレンタカー会社は、全国で2~3社程度しかありませんので、実質レンタルできないと思っていた方がいいでしょう。

大型バスや中型バスがレンタルできない理由は、レンタカーとして使用してもいいバスは「自家用マイクロバス(乗車定員29人以下、車両全長7m未満のもの)」と法律により定められているからです。

「でもバス会社は大型バスや中型バスを持ってるよね?運転手なしでレンタルさせてくれないの?」

これは白バス行為(お客様から料金をもらって自家用バスを運行する)になり、道路運送法違反になります。バス会社が所有している大型や中型の観光バスは、緑ナンバーの営業車(お客様から料金をもらって運送可能)。運転手なしで貸し出すことはできないのでご注意を。

運転手付きでマイクロバスをレンタルした方がいいケース

観光バスタイプの大型バス、中型バスのレンタカーはないので、人数が29名以上になる場合は運転手付きで貨切るようにしましょう。運転手付きでバスを手配した方がよいケースは下記のとおりです。

  • 運転手を含め人数が29名以上になる場合(大型バスをレンタル)
  • 人数が22名以上で補助席を使いたくない場合(中型バスをレンタル)
  • 人数が20名以上で荷物が多い場合(中型バスをレンタル)

マイクロバスにはトランクルームがありません。スーツケースやスノーボード、ゴルフバッグなどが人数分ある場合は、座席をつぶして載せることになります。

その他、長距離移動なのに運転手が1名しかいない、大切なお客様を送迎する、社員旅行など、より安全に移動したい場合は、やはりプロのドライバーにお任せした方が確実です。

また、合宿などで期間が長く、滞在中はバスを利用しない場合、マイクロバスだけレンタルの方が高くつくこともあります。それぞれの料金をトータルに比べて、よりベストな借り方をご検討ください。

プロドライバー付きでマイクロバスをレンタルするメリット

プロのドライバーが運転するので安全

長距離移動や渋滞が予想される場合、運転手が1名しかいない場合などは、疲労が心配です。また、同乗者も運転してくれる人に気を使い、寝ることもできません。

バス会社のドライバーなら、普段からバスの運転に慣れているプロ。遠慮せずにお酒を飲んだり、ぐっすり眠ったりと、バスの中でゆったり自由に過ごせます。ゴルフ場や結婚式、空港送迎などで、スケジュール通りに移動したい時はさらに安心ですね。

万が一の事故や故障にも安心

バス会社は貸切バスの運行について、万全のサポート体制で臨んでいます。万が一の事故や車両故障が起きた場合も、代車の手配などの対応がスムーズです。

また、最近では「貸切バス事業者安全性評価認定制度」でセーフティバスを取得するバス会社も増えてきました。日頃から安全運行のために研修を行ったり、安全確保のための法令順守、運輸安全マネジメントに取り組んでいます。

大人数が同時に移動するバス。ハンドルを握る以上、大きな責任が伴いますので、自分たちで運転する場合はくれぐれもご注意を。

バスの運行スケジュールは自分たちで決められる

当日、その場で行き先や立ち寄り先を自由に変更することは出来ませんが、事前に自分たちで運行スケジュールを決めることができます。たとえば、乗車場所を複数設定する、休憩時間や観光先を決めるなどは自由ですので、ご安心ください。

ちなみに高速代や観光バスの駐車場代は貸切バス料金に含まれていません。原則的に幹事さんが自分で手配し、支払いは当日現金精算になります。高速バス料金を調べるとき、マイクロバスの料金区分は「中型車」になるのでご注意を。

運転手なしでマイクロバスをレンタルする場合の注意点

中型免許限定解除もしくは大型自動車免許が必要

レンタカー会社からマイクロバスをレンタルする際に注意が必要なのは運転免許です。

定員10名まで(トヨタハイエースワゴンなど)であれば、普通免許で運転することが可能ですが、定員11人以上29人未満のマイクロバス(トヨタハイエースコミューターや三菱ローザ、いすゞジャーニーなど)は、中型免許限定解除以上が必要になりますのでご注意ください。

酒気帯び運転に注意!

最近、飲酒運転が厳罰化される傾向にあります。運転する前日にお酒を飲んだ場合、量によっては酒気帯び運転となることがあるので注意しましょう。運転手は当日はもちろん、前日もお酒は飲まないようにするのがベストです。

万が一事故に巻き込まれたら、待避場所に注意

高速道路で事故や故障になり、路肩等にマイクロバスを停めるときは、必ずハザードランプをつけて、可能な限り広い場所まで自走するようにします。同乗者をガードレールの外側に避難させ、車よりも後方で待避するようにしましょう。

その後、マイクロバス後方50m以上話した位置で発炎筒、停止表示器材を設置。非常電話か携帯電話で救援依頼を出しましょう。

マイクロバスの手配・見積り依頼ならお任せ!

無料!最短5分で完了!見積り・手配はこちら

最短1分で完了!一括見積りでラクラク比較![無料]見積もりスタート!

見積りフォームはこちら
FAXでの見積り 用紙(PDF)はこちら
マイクロバスについて
マイクロバスの種類
マイクロバスの活用方法
マイクロバスのレンタル
その他の貸切バスについて
ページトップへ

全国200社以上のバス会社から
希望に合うバス会社をご紹介!

運転手付きマイクロバス 無料一括見積り