これでバス酔いは大丈夫!乗り物に酔わない方法12選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
乗り物酔いのツボ

乗り物酔いのツボ

バスや車などでの乗り物酔いは辛いもの。大好きな旅行もついついおっくうになってしまう、という人も多いのではないでしょうか。
そんなバスや車などの乗り物酔いを予防する方法があります。
このコツを知れば、もう乗り物酔いは怖くありません。乗り物に酔わない方法12選を紹介します。

なぜ乗り物酔いは起こるのか

遠足の記憶がアダになっている!?

乗り物が苦手でなるべく乗りたくないー。
そんなあなたは、もしかして子供の頃、遠足が苦痛だったことはありませんか?
理由は、乗り物酔いがひどかったから。バスでも電車でも、とにかく乗り物は苦手で、親から酔い止めの薬を与えられていた。そんな経験があるのではないでしょうか?
実は、乗り物酔いは一度起こると繰り返してしまう傾向があるのです。厄介ですね。
そもそも、乗り物酔いはなぜ起こるのでしょうか。

乗り物酔いは自律神経の乱れ

なぜ、電車やバスなど乗り物に乗るだけで吐き気やめまいなどの辛くて不快な症状が起こってしまうのでしょう?
その答えは「自律神経の乱れ」にありました。
私たちは、普段経験したことのない揺れや加速などを体験すると、三半規管が刺激されます。その結果、自律神経が乱れます。自律神経は胃や心臓の働き、また発汗を司っています。
ゆえに、吐き気やめまい、冷や汗などの不快な症状が起こってしまうのです。

成長期に多い乗り物酔い

乗り物酔いには個人差があるものの、成長期(5歳~15歳)に最も起こりやすいと言われています。
15歳以上になると乗り物酔いは減りますが、40代~55歳位に多少増える傾向があります。
しかも、一回でも乗り物酔いを体験すると、脳が匂いやスピードなどを学習してしまいます。
その結果、「また酔ってしまうのでは?」と過去の経験を体が思い出して乗り物酔いしている錯覚を起こしし、その後何度も乗り物酔いを繰り返してしまう、という悪循環が起こってしまうのです。
冒頭でお伝えした、子供の頃の遠足の記憶がアダになっている、というのはこういった理由からです。

予防と対策

快適

乗り物酔いの原因

乗り物酔いになる原因には、直接的な理由と間接的な理由があります。 直接的な原因とは、

  • 匂いによるもの(車中の匂い、排気ガスの匂いなど)
  • 視覚によるもの(目から入ってくる流れる景色や強い光など)
  • 触覚によるもの(三半規管の乱れ)

が考えられます。 一方、酔いやすい状態を引き起こしてしまう間接的な原因としては

  • 寝不足やストレスなどによる体調不良
  • また酔ってしまうという不安感

というものがあります。 以上の原因を取り除けば乗り物酔いは防げます。
それでは具体的な対策を紹介しましょう。

乗り物酔い対策12選

  • 乗り物に乗る前日は睡眠を十分にとり体調を整えておく
  • 当日の朝食は腹八分目に。消化の良いモノを食べる。何も食べないのはNGです。
  • 体を締め付けない、ゆったりとした洋服を着る
  • 酔い止めの薬を飲んでおく
  • 飴や梅干し、ガムなどを持っていく
  • 体が硬直していると酔いやすくなるので乗る前にストレッチをして体をほぐす
  • 乗り物に乗ったら。バスの場合前の方の席は揺れが少ないので、前の席に座る
  • 前方が見える席に進行方法を向いて座る
  • 窓の開閉が可能なら、窓を開けて空気を入れ換える
  • 本を読む、ゲームをするなど近くを見るのは避ける、スマホや携帯もなるべく見ない
  • 友人や家族と一緒ならおしゃべりをして気を紛らわせる。一人の場合は音楽を聞いたり飴をなめたりしてリラックスするか寝てしまう
  • 飲み物は炭酸水を用意しておく。可能なら氷も用意しておく

それでも酔ってしまったら

乗り物酔いのツボ

炭酸水を飲む、ツボを押す

それでも酔ってしまったら以下の方法を試して下さい。

  • ベルトなどは緩めて体を楽な姿勢にする
  • 乗り物酔いに効くツボを押してみる(内関という、左手のひら側の腕中央部分やや上にあるツボ)
  • 炭酸水を飲む。あれば氷を口に含むとさっぱりする
  • 降りられるなら乗り物から降りてしまう

まとめ

いかがでしたか。乗り物酔いを予防するには「自分は酔わない」と自己暗示をかけることも重要です。しっかりと対策をとり、快適な乗り物ライフを楽しみましょうね。

全国200社以上のバス会社から
希望に合うバス会社をご紹介!

運転手付きマイクロバス 無料一括見積り